瀬戸南高校生が岡山市表町でシフォンケーキをPR販売

 瀬戸南高校では、十数年前より手作りによりシフォンケーキを校内イベントなどで製造販売し、毎年好評を得ています。生徒や先生は、この人気の高い手作りシフォンケーキを商品化し、多くの人に食べていただきたい、また地域の資源を活用した特産品開発による地域活性化にも貢献したいとの思いを抱いていました。
 そこで、地元赤磐商工会が、特産の朝日米の米粉による麺や菓子の開発事業に取組んでいることを知り、相談を持ちかけ、「赤磐特産朝日米の米粉シフォンケーキ」の商品化をめざすことになりました。
 また、赤磐商工会会員企業である「石窯パン工房麦のひげ」にお願いして先輩から後輩へと長年受け継ぎ改良を加えてきたレシピのシフォンケーキを作っていただくこととなりました。
 この「石窯パン工房麦のひげ」では、毎日こだわりの石窯で焼き上げられたパンがズラリと並びます。職人の熟練された技術で作られ、石窯で焼き上げられたパンは、外はパリッと中はふんわり。どれも美味しいパンは、赤磐地域の皆さんに愛されています。
 晴の国岡山の水と大地と太陽の恵みを受けて、地元赤磐で大切に育てられたブランド米「赤磐産朝日」の米粉を100%使って作ったシフォンケーキは、しっとりとしたやさしい味わいです。赤磐商工会が開発した米粉を使い、岡山県立瀬戸南高校のレシピで石窯パン工房麦のひげで作られた特産品「SETONAN米助シフォンケーキ」を是非お召し上がり下さい。
1.jpg

2011年1月31日

PAGETOP